⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 
メルマガ

皆様!!!

お疲れ様です!!!

今回については、仮想通貨ビットコインの購入するタイミングとしていい例、悪い例、をあげて説明させていただきます!!

よろしくお願い致します!!

では、始めます!

仮想通貨とは?

まだ皆様は仮想通貨そのものの実体をご存知でない方がいらっしゃるのではないかと思います!!

それはなぜか?日本という国に洗脳されているからなんですね…。

日本ってどんな国なの?

日本という国は、世界各国からみて凄く例外だと思います!!というのも日本という国は借金大国という事はご存知でしょうか?そのせいであるとも考えられます!!

なぜか…?日本という国が潰れないために、国民に働かしている、かつ、税金をとんでもない額をとったりしています!

日本では、ビジネス話などを持ちかけられると反射的に伺いの目を向ける傾向があります!

ネットワークビジネスなどがとてもいい例だと思います!!日本ではネットワークビジネスですげーいいやつあるんやけど聞いてみる?などと発言すると嫌われたり、友達なくしたりなどといった事例が多く散見されます。しかし、海外ではどうでしょう…アメリカなどの欧米ではネットワークビジネス一緒にやろ?って聞くと大体の方がいいよと反応してくれるのです!

これはなぜ?

欧米では、義務教育内でお金の儲け方などの授業があったりする国があるからなんですね!!

日本は?

ご存知の通りないです…。先ほどもいったように借金大国という事もあり、国民にこのビジネス話をもちかけたり、義務教育で教育をしてしまったらそっちに走るような人が出てきてしまい、労働収入者が激減してしまうのです!

 

何がいいたいかというと仮想通貨と暗号通貨の説明がしたいのです!どういう事か?

ご説明させていただきますね!

仮想通貨と暗号通貨の違い!

仮想通貨と暗号通貨の違いについてご説明させていただきます!

早く、ビットコインの買い時のタイミングについて話をしたいとこですが、その過程といいますか…大元のそもそものお話をさせていただいたのちにビットコインのチャートに基づいたお話をする事によって理解度が上がると思います!なので、もうしょうしょうお付き合いお願い致します!

仮想通貨と暗号通貨…

実は…仮想通貨といっているのは日本人しかいないとご存知でしたでしょうか?

なぜか?

日本では暗号通貨を仮想と濁して表現してしているのです!日本では暗号通貨に金融機関が乗っとられてしまうのではないかと危機感を感じているのですね!

暗号通貨にのっとられる事によって、金融機関を不必要とする時代が到来する事は目に見えてるんですね…。紙幣、硬化がなくなる事によって暗号通貨にすべて市場の移り変わりがあり、

暗号通貨を個人のウォレットで管理する時代になると金融機関がなくてもいい時代になるからです!!

それが怖いから、仮想っと濁して表現しているという事情があるんですね!!

日本という国は何かを隠したがる性質があるようです!

これを理解していれば仮想通貨といっても不安感はわかないんであろうと思います!

なので、仮想通貨という表現をこれからは暗号通貨という正式名称で表現致しますね!

暗号通貨の使用上のメリット

暗号通貨を使用するにあたってのメリットとは?

暗号通貨の技術について知ろう!

暗号通貨の技術についてのお話です!

今回についてはビットコインに対する記事の記載という事で、ビットコインの通貨技術について少しお話をしようかと思います!では始めます!

ブロックチェーン技術!

ブロックチェーンという表現方法からご想像できるかと思いますが、ブロックチェーン技術というものはセキュリティコードや、アドレスがチェーン状につながりを持っているという事です!

そのような技術をもつ事でどのような事になるのか!?という事ですね!

セキュリティコード、アドレスってアルファベッドや数字が順不同にぐちゃぐちゃにならんでますよね!?このアドレスが20桁だと過程致します!この20桁の最初の5桁は前のアドレス使用者、最後の5桁は次の使用者などといった感じで、次から次へとアドレスが変わっていくので誰がどんなアドレスを使っているのかが全くわからない状態になるという事です!

これがブロックチェーン技術です!

極論、最初の使用者からたどっていかなければまったくわかんないんです!

この技術にハッキング成功者に2000万円を成功報酬として渡すというすごい自信をもっているという事もあります!!

P2P技術

P2Pとは、いわば、人対人という表現方法ですね!人と人との間に何も関与するものがないという技術です!

どうゆうこと?

従来までの金融機関での送金方法を考えてみましょう!

従来まではAさんがBさんに送金する時、まずAさんが銀行に行き、Bさんの口座番号を入力しないと送金できませんでした!

P2P技術を有している暗号通貨はというと銀行という中間機関を通さずにBさんのアドレスさえ知っていれば、また、QRコードをしっているだけで送金できてしまうのです!

瞬殺ですね!

このような技術があります!

ビットコイン

上記に記載致しました通り、ビットコインはこのような2人の機能を有しております!

ビットコインのルーツについて少しご説明致します!

ビットコインは2009年にナカモトサトシてなのる者が論文を発表!!

当時は0.1円という価値しかついていないものでした!子供銀行にお金を預けているような感覚ですかね!?

ほぼ価値のないような、将来性のまったくないようなコインの状態が三年、四年と続き…ビットコインに時代が到来いたしました!

ゲーマーの中で使用!

2013年頃、ゲームの世界でビットコインが使用され始めました!なぜか、世界共通通貨だからです!ゲームの世界に課金システムがありますよね!?

送金スピードも早い、かつ、日本円やアメリカドルなどの各国からの送金があるとめんどくさかったんでしょうか?ビットコインの方が便利と思ったからですね!凄い額のビットコインが購入され使用されました!

キプロス財政破綻

キプロスが財政破綻を2013年の下半期に起こしました!どういう事か、キプロス国で預金封鎖がおこってしまいました!日本で例えたらゆうちょ銀行やUFJ銀行からお金が引き出せず、国に回収されてしまったというような感じです!とんでもない事ですね!

そうなる事で、キプロス国民は自国のお金、金融機関を信用しなくなり世界共通であるビットコインに次々へ交換し始めました!

中国の富裕層が大量購入

中国では財政は起きていませんがら中国という国はもともと自国のお金、金融機関を信用しておりません。という事もあり、世界共通通貨ビットコインを大量に買い占めるという事がありました!

今となっては中国人口の約80パーセントがビットコインを保有しているという現状があります。ちなみ日本では15パーセントの人口しかビットコインを保有しておりません!

この事は今になってわかった事です!

2009年当時はわかるはずがないのです!では、いつ購入すればいいのか、2009年当時に購入すればよかったですね!

いつ購入すれば?タイミング!

本題に入ってきます!

過去を振り返っていても仕方がありません。過ぎ去った事です。しかし、これからの未来は変えられます!どうすればいいか!?これから、ビットコインはどのような動きになっていくのか?ビットコインは2018年頃、価値が40万ほどになると予想されています!

暗号通貨元年という事もあり、これからビットコインに買いが走る時代へとうつり変わっていくでしょう!

なぜか?

単純です!ビットコイン決済がどんどん増えてきているからです!ビットコインは貨幣に認定されるという事もこの事が物語ってますね!

じゃあ、いつ?今が買い時です!

これからどんどん価値が上昇していくに間違いありません!

まとめ

今回は、暗号通貨が日本で仮想通貨と呼ばれり理由、ビットコインの歴史、今後どのようになっていくのかをご説明させていただきました!

2017年は暗号通貨元年です!

ビットコインは今が買い時だと断言できます!

一番簡単に有望な仮想通貨に投資する方法

現在仮想通貨は種類が様々存在しており、

どの仮想通貨を買えばいいのかわからない!

となっている人も多いかと思います。

一番簡単な仮想通貨の投資としてオススメなのが取引所「コインチェック」が取り扱っている通貨を買うことです。

⇒コインチェックのサイトへ

コインチェックはこれから有望である仮想通貨のみを選定して取り扱っている日本の仮想通貨取引所です。

【コインチェック取扱通貨】

コインチェックが取扱い始めた通貨は軒並み価値が10倍以上の値上がりを記録しています。

今コインチェックが扱っている通貨の中から一つ選んで投資してみてもよいです。

また、それ以上に今後コインチェックが新しく取扱いを始める通貨要チェックです!!

これまでの通貨と同様に、コインチェックが扱った瞬間に爆上げする可能性を秘めています!

新しい通貨を取扱い始める際には、登録者にメールが来ますので、とりあえず今のうちにコインチェック登録して、情報がきたらすぐに投資できる準備をしておくことをオススメします!

>>今激アツの仮想取引所「コインチェック」<<

メルマガ


⇒ LINEグループに今すぐ参加する