⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 
メルマガ

monero(モネロ)は「コイン」や「硬貨」という意味を持つ仮想通貨です。ビットコインより匿名性が強いことが特徴で、通貨単位はXMR。モネロコインはXMRということです。

現在、仮想通貨時価総額ランキングでは5位と結構人気があります。今後、さらに値上がりするのか、それとも・・・。モネロの今後の動きと価格について検証してみましょう。

モネロの特徴

モネロはビットコインのソースコードを元にせず作られた仮想通貨です。

CryptoNoteというビットコインよりも匿名性に優れているとされているプロトコルを使用しています。

送信先や送信元などを追跡不可能なほど匿名性を高めることに特化しています。

匿名送金が必要な際に採用される通貨として、モネロが使われるケースがあります。

匿名送金=犯罪につながる取引という恐れがあり、その点で普及を懸念する人もいます。しかし、2016年9月に違法なドラッグや個人情報の売買が行なわれている「AlphaBay」というオンラインマーケットでの採用が決定したことにより価格が急騰。

匿名性が評価された形での価格急騰と言XMRえますが、今後犯罪での使用などが増えてしまうと、当局に目が光り、規制が起こるかもという懸念もある通貨です。

長いアドレス

モネロはアドレスの長さが特徴で、「閲覧用」と「送金用」の二つの秘密鍵から生成されます。

そのアドレスはマスターキーのような役割を果たします。

送金を行うとマスターキーがランダムなワンタイムアドレスを生成し、そのワンタイムアドレス宛にコインを送信する仕組みです。

モネロで使用できるコインはXMRで、マイニング(採掘)によってコインが生成される。

マイニングには一般的なパソコンに搭載されているCPUを使う仕様となっており、専用採掘機を必要とするその他のコインよりも、より平等であるとされている。

ビットコインと違って、一般公開させていないブロックチェーン(分散型台帳システム)を使用し、

前述した通り、一部のダークウェブで支持されている点も大きな特徴です。

無政府通貨

モネロの取引はビットコインと同じくブロックチェーンを用いた分散型のネットワークを介して行われる。

しかし、取引がブロックチェーンに記録される一方で、透明性の高いビットコインとは違ってその履歴を他人が見ることはできない。

また、リング署名という暗号化技術を採用しており、取引のトラッキングが極めて難しい。

このリング署名がモネロの匿名性の高さを保持している。

ビットコインは年々、合法化の動きがあり、着実に成長過程を歩んでいる。今後は一般にも浸透していくことが予想されている。

しかし、モネロはその逆。無政府通貨の道をたどっている。ビットコインとモネロは正反対の特性を持つ。このふたつの仮想通貨の未来はどうなるか、興味深い。

モネロの価格推移

モネロは昨年、大幅に価格が上昇しました。

特に高騰した8月は、前述したブラックマーケットのシステムからモネロが注目を集めたものとされています。

ちょっと謎が多い印象を受けます。

ただ、価格急騰の要因は資金移動等で利用価値があるためではないかと評価する声もあります。

昨年初めに1XMRが52.3円だったのが、年末には1XMRが1235円にまで上昇。

昨年の最高価格は1606円でした。

モネロはハイリスクハイリターン

仮想通貨全般に言えることですが、価格の変動が激しいです。

特にモネロはその傾向が顕著。昨年年8月末から9月初旬にかけ、2週間余りで30倍以上に値上がりしています。現在も発行時と比べて非常に高い水で価格を維持。

要するにモネロはギャンブル的要素が多く含まれた仮想通貨と言えます。

従って、購入と売却のタイミングを間違わなければ大きな利益に繋がる可能性があります。

むろん、タイミングを誤れば、大きな損失につながります。

リスク管理能力が必要

モネロを保有するにはリスク管理能力が要求されます。

なぜなら、モネロは取引情報が記録されないため、保有すること自体にリスクが伴うのです。

もし、ハッキングなどを受けてデータが流出しても、保有していたことを証明する手段ができないからです。

ビットコインも同様に自己責任で管理する必要がありますが、モネロは拡張性を犠牲にしているため、企業などが採用に消極的です。

モネロは色んなサービスや商品決済への応用が効きづらく、企業にとってはあまりメリットがないのです。

次世代の仮想通貨は契約情報などの紐づけにより、データの管理や公平性を確保しやすくなっていますが、モネロはその点で劣ります。

モネロの武器

モネロはいろんな意味で危険性を伴う仮想通貨と言えますが、その半面、捉え方次第でメリットも多くあります。

匿名送金は不正行為や犯罪に利用される危険性をはらんでいますが、専門家の間では「モネロは流通量が少ないことから大きな金額が動けば必ず何らかの痕跡が残る。これが抑止力になる」との声もあります。

犯罪に利用されるリスクが高いかといえば、必ずしもそうとは言い切れない部分もあります。
匿名性が高いということは、仕組みが外から見えにくいということで、特定国家や法律からの干渉を受けにくいという利点があります。

モネロは為替の影響を受けにくく、手数料が割安など法定通貨や他の仮想通貨にはない武器を数多く持っていることも確かです。

moneroの将来性

仮想通貨全般に当てはまることですが、モネロの価格も乱高下する傾向があります。

昨年9月をピークに価格を下げたモネロですが、同時期に闇取引所の一つ「Oasis」の口座で引き出しができなくなっています。

被害を受けた利用者からは「出口詐欺」なのではないか?との疑問を持たれていました。

それがモネロに信用不安をもたらし、価格下落につながったのではないかと噂されていました。

モネロのフォーラムなどでもやり取りがなされていました。とはいえ、明るいニュースもあります。

いろんな種類の仮想通貨を自分のスマホの中でのひとつのウォレットで管理できるソフトウェア「Jaxx」というものがあります。

この「Jaxx」ではビットコインやイーサリアムなど9種類の仮想通貨の受入れや送信ができます。

かつてはその中にモネロが入っていなかったのですが、その「Jaxx」で審査の厳しいApp Storeのモネロの採用されるようになったのです。

こうした点がひとつのキッカケとして法制度や取り扱い取引の拡大など、徐々に環境が整備されていくでしょう。

そして、モネロも含め仮想通貨としての安定性・信頼性が向上していくことが予想されます。

モネロは買いか?

では、投資銘柄としてモネロは買いか? と問われると、柔軟に構えましょう、という他ありません。

こと仮想通貨に関して、モネロに限らず、先のことは読み通せません。

モネロが値上がりする、と考えれば値下がりしたときに購入し、値上がりしたときに売れば差益を稼げるでしょう。

逆に値下がりすると考えれば、早めに他の通貨に替えるべきでしょう。

損が大きくならないうちにビットコインなど他の仮想通貨や円に替えておくべきでしょう。

マイニングで増やす

モネロは自分のPCを使って、コインをマイニングできます。

パソコンを使っていない時間帯にパソコンを動かしてモネロをマイニングすることにより、マイニングに応じたモネロを得ることができます。

ことマイニングに関してはビットコインより、モネロの方がはるかに容易です。

モネロは今現在、マイニングする人が少ないので、比較的簡単にマイニングすることができます。

マイニングソフトウェアを提供するマイニングサービス「MinerGate」などを利用するのも便利です。

まとめ

モネロは匿名性の優れた仮想通貨です。

優れた暗号技術により取引の履歴を他人が盗み見できないようになっており、送金元や取引が特定されたくないというようなシーンで使用されることを前提に作られています。

そのためインターネットでの違法取引に使われるのではないかとの懸念も多い通貨です。

とはいえ、インターネットでの違法取引に使われるというのは仮想通貨ではよくあることです。

考えてみれば、ビットコインの価値が上昇したキッカケも闇サイト「シルクロード」での利用でした。

ビットコインとモネロ、ともに闇サイトなど違法取引で利用されることで仮想通貨の価値が急騰する・・・というパターンです。よく似ています。

今後も注目の仮想通貨と言えるかも知れません。
とはいえ、違法な市場での取引は当局にマークされ、取り締まりが強化され使用不可になる可能性も含みます。

価値が暴落する危険性も頭の片隅に置いておく必要がありそうです。

一番簡単に有望な仮想通貨に投資する方法

現在仮想通貨は種類が様々存在しており、

どの仮想通貨を買えばいいのかわからない!

となっている人も多いかと思います。

一番簡単な仮想通貨の投資としてオススメなのが取引所「コインチェック」が取り扱っている通貨を買うことです。

⇒コインチェックのサイトへ

コインチェックはこれから有望である仮想通貨のみを選定して取り扱っている日本の仮想通貨取引所です。

【コインチェック取扱通貨】

コインチェックが取扱い始めた通貨は軒並み価値が10倍以上の値上がりを記録しています。

今コインチェックが扱っている通貨の中から一つ選んで投資してみてもよいです。

また、それ以上に今後コインチェックが新しく取扱いを始める通貨要チェックです!!

これまでの通貨と同様に、コインチェックが扱った瞬間に爆上げする可能性を秘めています!

新しい通貨を取扱い始める際には、登録者にメールが来ますので、とりあえず今のうちにコインチェック登録して、情報がきたらすぐに投資できる準備をしておくことをオススメします!

>>今激アツの仮想取引所「コインチェック」<<

メルマガ


⇒ LINEグループに今すぐ参加する