⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 
メルマガ

仮想通貨といえばビットコインの名が真っ先に上がりますが、リップルコインも密かに人気を集めつつあります。厳密に言えばリップルはそれ自体、仮想通貨ではなく、金融商品や決済の送金システムのことです。

ビットコインとはまた別物で、リップルはRipple Labs Inc(リップル・ラボ)という発行元の会社があります。そこで使われる通貨は「XRP」。リップルコインとは「XRP」のことで、これを介して様々な通貨との取引が可能です。

では、この「XRP」は投資銘柄としてどうなのか? 下落する可能性は低いのか? 検証してみましょう。

リップルの概要

リップルは、時価総額ランキングでビットコイン、イーサリアムに次ぐ第3位にランクされていますが、ビットコインとは技術的にも使われ方も大きく違います。

前述した通り、リップルはそれ自体、仮想通貨ではありません。

リップルとは金融システムのことです。

そのシステムの中で利用されているのが、XRPという通貨。

リップルコインと呼ばれているのは、厳密にはXRPという仮想通貨になります。

ビットコインのBTCに当たるものがXRPと言う通貨単位です。リップルの金融システムは、個人間や企業間の送金や決済の利便性を目的として作られており、XRPを介して様々な通貨の取引を迅速に安価に行えるというところが最大の特徴です。

ビットコインには発行元がありませんが、リップルはアメリカのシリコンバレーにある「Ripple Inc」が開発、提供しています。

そして、XRPを介して円やドルのような法定通貨、ビットコインなどの他の仮想通貨との取引が可能で、疑似的にFXのようなトレードもできるのがリップルの特徴でもあります。

ここ数年、リップルは金融業界へのシステム導入が活発化しており、日本でも銀行が実験を開始してきています。

XRPの利便性

リップルは金融システムとしての機能に特化している点、送金や決済の速さはビットコインよりも優れています。

また、相場の乱高下がないため、送金についてもリスクは低いといわれています。

銀行がリップルシステムを導入すれば、決済システムとして利用する上では非常にメリットがあると言えます。また、個人間の送金でも使えます。

リップルは非常に利便性を備えた送金システムといえます。

ビットコインは決済時間が約10分ほどかかりますが、リップルでは約5,6秒で済みます。

送金の際にかかる時間もビットコインの30分~2日程度に対し、リップルはほぼ即時です。

リップルXRP発行上限数

リップルの発行上限数は1,000億万枚。

ビットコインのそれは2.100万枚だから約5000倍です。

ここで考えなければならないのは仮想通貨の特性です。

普通のお金、コインは分割できません。

しかし、ビットコインはデジタルデーターだから、分割できます。
ビットコインは少数点8桁まで分割可能で、必要であればシステムを拡張し、16桁まで増やすことができます。

ドルや円などの法定通貨を否定し、より安全性と利便性を考慮して作られたビットコインですが、新規発行ではなく分割する事によりコインを増やす事が可能なのです。

従って2.100万枚というビットコインの発行上限数にそれほど希少性は感じられません。一方のリップルXRPの場合は、すでに1,000億が存在し、ネットワーク上で取引が発生するとリップルXRPが減少していく設計になっています。

リップルXRPの単価

リップルXRPの現在価格を知るには、Ripple Labs リップルラボ公式チャート(https://charts.ripple.com/#/)がおススメです。

他人の話を鵜呑みにして高値で買わされたとか、セミナーで高額の定期購入を押し付けられた、などという話も聞きます。

仮想通貨を投資として捉える場合、自分で調べることが大事。

自分で情報を精査し、納得した上で購入することが肝要です。

リップルXRPの価格が上昇するための要素

リップルXRPの価格が上昇する要素は、ひとえにリップルネットワーク上での取引量が増加することに尽きます。

現在、その兆候がはっきり見て取れます。

世界中の銀行がリップルプロトコルを取り入れることを表明しており、将来的に優良なIOUが登場してくることが予想されています。

世界の金融機関がリップルを採用することがマスコミをにぎわし、ニュースで頻繁に取り上げられるようになれば注目度がアップ。

リップルXRPの価格上昇につながるのではないでしょうか。

IOUとは?

IOUとは英語の「I Owe You」の略で、第三者が発行する手形(預かり証)のことです。

日本語では「借用証書」と訳します。

仮想通貨ではリップルでよく使われます。リップルにおけるIOUは簡潔に言えば、現物と交換できるトークンです。

その場合の現物とは円やドルなどの法定通貨です。

リップルの送金システムでは、円やドルを送金する場合、XRPを仲介役にします。

IOUは、銀行にお金を預けた場合の通帳のようなもの、と言われます。

銀行に行くと記載の金額を引き出せます。銀行が潰れても、預金の一部は国が保証しています。
IOU=借用書。だから、「IOUを買う」という表現は、ちょっとおかしいということになります。

正しくは、お金を渡してIOUと呼ばれる借用書をもらう、というのが実情です。ここで問題は、貸したお金を返してもらえるかどうかは、相手次第になる点。従って、相手を信用できるかが重要なポイントになります。

 IOUは信用が第一

要するに信用できない相手や、よくわからない業者にIOUを発行してもらうのは避けるべきでしょう。

銀行の場合は、預金は法律や規制で守られている部分があります。

しかし、IOUの場合は何に守られているか不明です。

自分のお金はどのように守られているのか、各業者に確認する必要があります。IOUは、個人ですぐにサイト上でいくらでも発行できます。

例えば、個人が独自コインを1億枚発行することができます。1コイン、100円です! と値付けすることも可能です。つまり、価値の裏付けのないIOUを誰でも販売することができるのです。

IOUは相手の信用度の見極めが重要になります。

リップルXRPが今一つ盛り上がらない理由

リップルXRPを世界の銀行が導入するなど、先行きが明るそうなニュースが飛び出してます。しかし、そんな歓迎材料がありながら、XRPの価値は今一つの現状です。

XRPに投資した人には期待外れの様相を呈しています。先行き明るそうなニュースがありながら、なぜ、XRPは値上がりしないのか?

リップルXRPが値上がりしないのは、色んな要因が絡み合っています。

まず、XRPは発行量が多いということがあります。

また、全てのXRPをリップル社が握ることによる不安もあるでしょう。投資家が安心してお金を投入出来る環境が整っていないことも事実で、知名度の点でビットコインの陰に隠れている感じもあります。

投資家の中には「XRPは発行量が多いから、値上がりは期待薄?」というネガティブイメージを持つ人もいます。この点が大きな心理的足かせになっているようです。

3Ripple Labの公式声明

前述した通り、IOUの仕組みを使う以上、承認を行う人物(第三者)の社会的な信用に大きく依存します。

そこにリスクが発生します。

極端なことを言えば、取引の承認を行う相手が破産すれば、XRPが無価値になってしまう危険性もはらみます。

資産保持のためのXRP利用はちょっと躊躇してしまいますよね。

昨年、Ripple Labが出した公式声明では、「リップルXRPは企業同士のビジネスでの使用をお勧めします」「個人向けではありません」という意味のことを言っています。

リップルXRPに関してネガティブなことばかりを取り上げましたが、それでいて仮想通貨時価総額ランキングで常に上位にランクされているのは、なぜなのか?

リップルXRPには一般投資家には知られていない何らかのプラス要素があるのかもしれませんね。

リップルXRPの価格推移

リップルXRPが発行開始されたのは2013年。

当初の値段は1XRPあたり0.6円程度。

2013年の12月に価格が急上昇し、1XRPあたり6円程度。

当初より10倍値上がりしました。

その後、価格は下降傾向をたどり、2014年の始めには元の0.6円に逆通りしました。

2014年の11月から12月にかけて再び上昇し、1XRPあたり3円程度に。

ただ、その後はまた下落傾向を見せ、2017年3月現在では、約0.7円程度。

公開当初とあまり変わっていません。

まとめ

先行きに希望を持たせるニュースが流れれば一時的に値上がりするリップルXRPですが、少し時が経てば元の木阿弥。

公開当初の価格に戻っています。2013年以降、この繰り返しです。

金融機関の仲介通貨として使われる特性を考えれば、リップルXRPは一般個人が投資銘柄として考えるのは、ちょっと疑問符がつきます。

今が底値といえるかも知れませんし、そうなるとこれ以上、下落する可能性も低いということになりますが、正直先行きは不透明。

投資銘柄としての評価は微妙です。

一番簡単に有望な仮想通貨に投資する方法

現在仮想通貨は種類が様々存在しており、

どの仮想通貨を買えばいいのかわからない!

となっている人も多いかと思います。

一番簡単な仮想通貨の投資としてオススメなのが取引所「コインチェック」が取り扱っている通貨を買うことです。

⇒コインチェックのサイトへ

コインチェックはこれから有望である仮想通貨のみを選定して取り扱っている日本の仮想通貨取引所です。

【コインチェック取扱通貨】

コインチェックが取扱い始めた通貨は軒並み価値が10倍以上の値上がりを記録しています。

今コインチェックが扱っている通貨の中から一つ選んで投資してみてもよいです。

また、それ以上に今後コインチェックが新しく取扱いを始める通貨要チェックです!!

これまでの通貨と同様に、コインチェックが扱った瞬間に爆上げする可能性を秘めています!

新しい通貨を取扱い始める際には、登録者にメールが来ますので、とりあえず今のうちにコインチェック登録して、情報がきたらすぐに投資できる準備をしておくことをオススメします!

>>今激アツの仮想取引所「コインチェック」<<

メルマガ


⇒ LINEグループに今すぐ参加する