⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 
メルマガ

皆様!

お疲れ様です!

今回についてはクオンタの公開日についてという事で記載させていただきたいと思います!よろしくお願い致します!

クオンタとは?

まず初めにクオンタの存在をご存知でない方向けに投稿いたしますね!

クオンタって何?

Quanta(クオンタ)はブロックチェーン上で開催される人の手が一切介入しない宝くじの運営を目的に作られたものの事を言います!!

2016年末を公開予定とし、ワンエイトアソシエーション株式会社が研究・開発を行ってていた予定でした!

あまりにも人気すぎてなんと!中国人向けにプレセール期間中に購入されていくおこぼれを日本の市場に少しわけていただく事になったのです!!2017.1.11の事でしたね!なので、現在まだプレセール中です。

クオンタの魅力について!

Quantaの魅力はと致しましては、「宝くじ×ブロックチェーン=全世界で購入可能な宝くじ」というところにあります。

既存の「宝くじ」という考えを「ブロックチェーン」で応用し、分散管理型にすることにより、「全世界で共通の宝くじ」を築いていく、という考えです!

詳しくいいますと、今までの宝クジは各国ゴトの市場規模でした!しかし、暗号通貨という世界共通の通貨を利用して世界共通の宝くじを開催致します!みたいな感じですね!すごい!

カルダノ「CARDANO」について!

このプロジェクトそのもの考え方は「CARDANO」と非常に似ています。それもそのはず、CARDANO Laboが開発パートナーになっているんです!

CARDANOとは!?

ゲーム(オンラインカジノ)やQuanta=宝くじ

共に同じようなギャンブル的の要素を含んでおり、CARDANOの仕組みを導入すると考えられます。

また、この下記に記載する独自のトークンを保有する…なんと!!!とんでもない事が起きてます!!!

クジの販売店として活動できる権利が得られるのです!

独自のトークンを「QNT」と呼びます。

Quantaのネットワークではでは独自の通貨(トークン)である「QNT」を致します!

QNTは暗号通貨技術を用いた暗号トークンとして発行されるのです!

それを保有する事でどんな権利が生まれるの?

QNTを持つことで、全世界に広がる暗号通貨宝くじQuantaの利益が分配されます。これすごい事ですよ!

宝くじを買ってないのに、QNTを保有する事で宝くじ市場の利益配当が分配されちゃうんですからね!

どれぐらいされるの?

市場規模の5パーセントです!

だいたいいくらぐらいかといいますと…2019年で考えてみましょう!!市場規模は約40兆円とも言われております!その5パーセントです!約2000億です!それがQNT保有者に保有している分だけの割合に対して配当化されてしまうのです!!とんでもない事ですよ!!

また、一定以上QNTを所有することで、クジの販売店として活動できる権利を得られてしまうのです!!(ただし、宝くじの適用国でのみと決められております)。

「QNT」には多くの特徴や用途があり、 全ての権利は分散型自動組織として機能します!!人の手を借りず全て自動で分配されていく機能の事です!

日本円をQNTに交換する方法とは?

まず、日本のQNT交換を担当されているある会社が存在します!

ワンエイトアソシエーション株式会社です!

ここにまず、交換するための登録手続きを行います!完了したのち、ビットコインとQNTを交換する流れとなります!

世界人口を上回る75億回線の契約数の携帯電話ユーザーがマーケットも視野に入れているとのこという事もあり、QNTの価値が上昇する可能性は多いにあるでしょう!!

あくまでも一個人の意見ですので、参考までに!!

現在の行動について!

カンファレンスでは有識者による「Quantaの可能性」がディスカッションされております!

クオンタがICEに参加!

ロンドンのICEといギャンブリングのイベントに参加し、ブロックチェーンx宝くじのプロジェクト「Quanta」をヨーロッパのギャンブリング関係者の方に発表されるなど、様々な場所でQNTを広めております!

ICEというイベントは去年、一昨年と3万人が来場し、2017年である今年はそれを上回る人数でした。

今年のICEはメディアも40社、記者も150人以上が参加されていたそうです!

ヨーロッパの中心『ロンドン』で、アジアの中心『上海』でもQuantaのイベントを行ってきます!

いよいよヨーロッパにもQNTを広めていく最終段階へと…そして上海へと広めていっております!

2017.2/7〜9までの3日間、なんと

イギリスのロンドンで開催される世界的なゲーミングおよびギャンブルリングの祭典『ICE Totally Gaming』にて、Quantaについての発表が行われたんですね!!すごい規模でQNTを広めていってます!

2012年のロンドンオリンピックの会場として使用された欧州最大級の多目的展示場であるExCeL Londonにて開催される『ICE Totally Gaming』は 、出展企業数562社、来場者も例年3万人弱を誇る世界的なゲーミングおよびギャンブルリングの祭典というのはご存知でしょうか?

2017年は2月7~9日までの3日間で、ブックメーカー大手であり元レアルマドリードのスポンサーとしても有名なbwin社や、トムソンロイター社、KONAMI Gaming Incなど世界的な企業が集まり、日本からは博報堂もJapan Briefingのセクション参加された大規模なトコですね!

この祭典では、イベントプログラムにブロックチェーン・ギャンブリングのカンファレンスが追加され、2月7・8日の2日間、Blockchainを交えたギャンブリングのケーススタディーについてBlockchainのエキスパートたちがパネルディスカッションを行いました!

Quantaはこの新しい試みのリードスポンサーとして参加し、Quantaの戦略アドバイザーであるHans LombardoからQuantaのプラットフォームやICOについての発表が行われたんですね!

パネルディスカッションにはQuantaのリーガルアドバイザーであるDiacle社の代表Adam Vaziri も参されました!

Diacle(ダイアクル)/Legal advisor  リーガルアドバイザーについて!

Diacle社はイギリスと香港 にオフィスを構え、フィンテックや ゲームテックビジネスに関する ライセンス取得やビジネスの設立支援を専門に行う企業の事です!

ブロックチェーン技術の国際標準を作成するための情報・データを提供 している英国ISO(国際標準化機構)グループにも所属しております!

また、2013年以来、英国の最初のブロックチェーン決済ライセンスから、国際的なデジタル通貨であるEMoneyプラットフォームにおいて、世界初の暗号セキュリティ交換に関するブロックチェーンライセンス まで、世界最初となるブロックチェーンライセンス取得について取り組み、実績を残してきた企業となっております!

このようなクオンタの大規模な活動を通じてとんでもない可能性が存在していること間違いありませんね!

クオンタの公開日はいつなのか?

このような大規模活動を行なっているクオンタのQNTが取引所に上がるのはだいたい四月となっております!三月末にプレセールが終了し、これからがすごくわくわくしますね!!

まとめ

今回、クオンタのQNTという暗号通貨の可能性や、保有するだけで市場の5パーセントの配当がえられる権利、また、クオンタを広めるため、ギャンブリングの祭典であるIEOに参加するなどといったとんでもない規模での活動に驚きを隠せませんね!

クオンタの可能性は絶大です!

2017年は暗号通貨元年と言われております!

クオンタを初めとするさまざな暗号通貨がこれから世に出回ってくるでしょうし、そうする事により、クオンタも必然的に時が流れるにつれてますますの可能性を見出し、また、保有する人も増えていく事間違いなしかなと一個人は思うわけですね!

暗号通貨、フィンテック革命の到来はこのクオンタの事をものがたっているのかもしれませんね!!

今後ますますの暗号通貨時代の発展に期待、夢がものすごく膨らんだんではないかなと思っております!

是非、四月からクオンタの取引所での行動に期待が膨らみます!どうなるでしょうか?

今、プレセールはまだやっておりますので気になっている方は交換しといても損はないんじゃないですかね!?

一番簡単に有望な仮想通貨に投資する方法

現在仮想通貨は種類が様々存在しており、

どの仮想通貨を買えばいいのかわからない!

となっている人も多いかと思います。

一番簡単な仮想通貨の投資としてオススメなのが取引所「コインチェック」が取り扱っている通貨を買うことです。

⇒コインチェックのサイトへ

コインチェックはこれから有望である仮想通貨のみを選定して取り扱っている日本の仮想通貨取引所です。

【コインチェック取扱通貨】

コインチェックが取扱い始めた通貨は軒並み価値が10倍以上の値上がりを記録しています。

今コインチェックが扱っている通貨の中から一つ選んで投資してみてもよいです。

また、それ以上に今後コインチェックが新しく取扱いを始める通貨要チェックです!!

これまでの通貨と同様に、コインチェックが扱った瞬間に爆上げする可能性を秘めています!

新しい通貨を取扱い始める際には、登録者にメールが来ますので、とりあえず今のうちにコインチェック登録して、情報がきたらすぐに投資できる準備をしておくことをオススメします!

>>今激アツの仮想取引所「コインチェック」<<

メルマガ


⇒ LINEグループに今すぐ参加する