⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 
メルマガ

「三菱東京UFJが独自の仮想通貨「MUFGコイン」を一般向けに、2017年度発行計画。」2016年の年末に日本経済新聞電子版で報道されています。

子会社の「カブドットコム証券株式会社」では、2016年10月にして、大手町エリアを中心とする企業コイン「OOIRI」という仮想通貨を導入しました。

報道されている範囲の記事になりますが、「MUFGコイン」、「OOIRI」の特徴を探ってみましょう。

企業コイン「OOIRI」

2016年10月17日「カブドットコム証券株式会社」のプレスリリースで、「ジオフェンシング技術とブロックチェーンを活用した企業コイン「OOIRI」を導入 」というタイトルで発表しています。

参加している企業は、MUFGイノベーションラボ(三菱東京UFJファイナンシャルグループ)と、カブドットコム証券株式会社です。OOIRIコイン導入により、「社員コミニュケーションの活性化を目指す」としています。その施策の内容は

・社内で勧めている施策のインセンティブとしてOOIRIを付与する

・社員のアドバイスにOOIRIの付与で感謝を表す

・会議の効率的な運営にOOIRIの付与で感謝を表す

・近隣の飲食店でOOIRIが使える

のような「企業内でのコイン経済圏の検証を行います」としています。

更に、ジオフェンシング技術を利用して、社員のOOIRI用ウォレットを利用して、設定範囲内の出入りの時間を記録する技術により、MUFGイノベーションラボ、カブドットコム証券株式会社が進める「働き方改革や健康経営につとめます」とも言っています。

ジオフェンシング技術

ジオフェンシング技術というのは、今件では「大手町エリアを中心とする」と範囲を設定しています。参加する企業を地図上でバーチャルにフェンスで囲んで、そのエリア内をコインの経済圏として導入しています。

企業コインOOIRIの取組は、「仮想通貨を使ってどのようなことができるか?」をテーマに検証実験のような印象を受けますね。「MUFGコイン」のためのモデルでしょうか?

スマホで使えるMUFGコイン

銀行が発行する世界初の仮想通貨!今年の秋に発行です。MUFGコインは、三菱東京UFJ銀行の口座預金を「1円=1MUFGコイン」で交換ができます。さらにMUFGコインは、送金・両替だけではなく海外では、外貨として引き出すこともできます。海外送金では、他の仮想通貨と同様に、時間とコストを大幅に削減できます。

また、三菱東京UFJ銀行の口座かなくてもコインが利用することができます。コイン発行を機会に利用者の拡大を狙っているようです。当然、最新の仮想通貨ですから、スマホでウォレットを管理し、ウォレット対応のATMの導入も予定しているようです。

MUFGコインの特徴

MUFGコインは仮想通貨ですが、ビットコインとは少し性格が違います。ビットコインと比較して、MUFGコインの特徴を調べてみましょう。

コイン発行主体

MUFGコイン

MUFGコインは、三菱東京UFJ銀行が発行します。銀行の信用が付加され、「三菱東京UFJ銀行」の名前だけで日本人は安心します。

ビットコイン

ビットコインには、発行主体はありません。管理主体もありません。そのために仮想通貨の中では時価総額の85%を占めるほどの影響力がありますが、MUFGコインのような信用の裏付けはありません。

交換レート

MUFGコイン

「1円=1MUFGコイン」日本円と同じ価値。投機性を排除した安定した仮想通貨です。

ビットコイン

毎日のトレードによって、価格は変動します。2017年2月27日現在135,200円。

MUFGコインはまだわからない点が多いですね。期待はしています。

ブロックチェーンによるコストカット

MUFGコインは、ブロックチェーン技術を採用しています。ブロックチェーン技術は情報の改ざんができないシステムです。現状、大きな経費を使っている、管理の中央コンピューターや、セキュリティが不要になるのです。

大手銀行では、合併の度にシステムの統合・開発に多額の資金を投じてきました。2012年、みずほフィナンシャルグループは、システム開発に2,500億円投入したと言われています。

仮想通貨とブロックチェーンの説明を聞いた「麻生副総理」が「銀行の支店がいらなくなる」といったそうです。その通りですね。ブロックチェーン技術で、既存のコンピューターやセキュリティが不要となれば大変なコストダウンです。

コンピューター、情報処理センター、それにかかる人件費、この計画が成功すればまさに、コストダウンではなく、コストカットになりますね。それによって、雇用も失われます。別の問題で困ったことになります。

ユーザーメリット

銀行側は、MUFGコインとブロックチェーン技術で、コストカットの道筋が見えてきましたが、ユーザーのメリットはどうでしょうか?送金手数料が安くなりますね。それだけですか?日本人は、時価額が高い、運営主体のないビットコインの利用が増えるでしょうか?

「1円=1MUFGコイン」で安定した、三菱東京UFJ銀行が運営するMUFGコインなら安心して使うと思いませんか?そう考えると、日本ではMUFGコインが流通しそうな予感があります。ブロックチェーン技術の活用については、みずほFGも「ブロックチェーンの実証実験終了」のニュースが出ていました。三井住友FGもブロックチェーン技術の研究を進めているニュースが出ています。

このように、今後3大メガバンクを中心にブロックチェーン技術を活用したサービスが、あらわれてくることは間違いないようです。この流れで手数料がなくなって、利息が増えれば利用者としてはありがたいですね。

ブロックチェーン技術を使った小切手決済

ブロックチェーンについて調べていたら、「小切手決済」にブロックチェーンを使った実験がされている記事を見つけました。これは、2016年8月の記事ですが、「日立とMUFG、シンガポールでブロックチェーン技術による小切手決済の実証実験」というタイトルの記事です。

実証実験の具体的な内容は

1.ブロックチェーン技術を使って小切手を振り出し、譲渡、取り立てを行うシステムを共同で開発します。

2.三菱東京UFJ銀行が当該小切手の発行・決済を行います。日立グループの複数拠点で小切手の受け取り、取り立てを実施します。

3.実証実験を通じて、技術・セキュリティ・業務・法整備等ブロックチェーン技術を活用するうえでの課題を抽出して、「小切手の電子化」及び新たな金融サービスの実現を目指します。

シンガポールは、金融監督当局が主導してフィンテックの発展のための「枠組みのガイドライン策定に関する市中協議文書」が公表されています。いうなれば規制の実験を行える場所が、提供されているということです。こういう実証実験が日本国内でできると、システムの実証実験が報道されたり、体験することによってブロックチェーンの認知が進むと思います。

このプロジェクトの目的は、「電子小切手におけるブロックチェーン技術の活用」を実現することによって、

・小切手の仲介業務の自動化

・取引記録の改ざん防止

・小切手決済の迅速化

・システム投資コストを低減

・セキュリティの確保

以上の項目の実現することにより、利便性の高い金融サービスを目指しています。また、将来的には金融以外の業界の決済や、サプライチェーン・ファイナンスへの応用が期待されています。

サプライチェーン・ファイナンス

サプライチェーン・ファイナンスは、国内外の大手銀行が提供する、企業のサプライチェーンの競争力を高め、コスト削減や流動性向上などを図る金融サービスをいいます。これは、購買-生産-販売といった一連の企業活動(サプライチェーン・マネジメント)に着目し、必要な資金をタイムリーかつ低廉な金融コストで提供することを主眼としています。その主なメリットとしては、大企業(多国籍企業)は銀行の支援で海外での供給網(サプライチェーン)の運営が円滑になり、一方で銀行は海外での金融取引の拡大やグローバルな資金決済などに結び付けられます。

まとめ

MUFGコインについて説明しましたが、大手銀行はブロックチェーン技術を使うことによって、大幅なコストカットが可能であり、それを目指しているようですね。ブロックチェーンを使わないと銀行の生きる道が途切れてしまいます。

使わないということは、仮想通貨に銀行等の金融機関のすべての市場を持ち去られることを意味します。ただ、人員の削減に手を付けられると、また別の問題が現れます。ブロックチェーン技術の周辺で業務を創造する等、雇用を守ることを最優先して欲しいですね。

一番簡単に有望な仮想通貨に投資する方法

現在仮想通貨は種類が様々存在しており、

どの仮想通貨を買えばいいのかわからない!

となっている人も多いかと思います。

一番簡単な仮想通貨の投資としてオススメなのが取引所「コインチェック」が取り扱っている通貨を買うことです。

⇒コインチェックのサイトへ

コインチェックはこれから有望である仮想通貨のみを選定して取り扱っている日本の仮想通貨取引所です。

【コインチェック取扱通貨】

コインチェックが取扱い始めた通貨は軒並み価値が10倍以上の値上がりを記録しています。

今コインチェックが扱っている通貨の中から一つ選んで投資してみてもよいです。

また、それ以上に今後コインチェックが新しく取扱いを始める通貨要チェックです!!

これまでの通貨と同様に、コインチェックが扱った瞬間に爆上げする可能性を秘めています!

新しい通貨を取扱い始める際には、登録者にメールが来ますので、とりあえず今のうちにコインチェック登録して、情報がきたらすぐに投資できる準備をしておくことをオススメします!

>>今激アツの仮想取引所「コインチェック」<<

メルマガ


⇒ LINEグループに今すぐ参加する