⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 
メルマガ

暗号通貨(※)は、マウントゴックスの倒産事件で日本中で報道された後は、時々メディアのニュースや新聞で目にする程度ですね。しかし、実際には確実にじわりじわりと広がりを見せています。そして、確実に次の段階に大きくシフトしようとしています。その変化は、まさに革命ともいえる規模になりそうなのです。

そんな暗号通貨の世界ですが、ここではこれから暗号通貨の世界にどのような革命が起こるのか?!について考えてみましょう。

※暗号通貨=仮想通貨。正式には暗号通貨ですが、日本では仮想通貨という名前で広まっているので、どちらも同じ意味です。ここでは、暗号通貨で統一させていただきます。

暗号通貨元年

暗号通貨元年といわれる2017年。日本でも暗号通貨に関する法律が施行され、日本のメガバンクが独自の暗号通貨を開発しているなかで、今後間違いなく日本中の人々が暗号通貨と向き合うことになります。

そして、その発端になったのがブロックチェーン技術によって2009年に生まれたビットコインの登場です。それが、現在2000種類あるともいわれている暗号通貨の始まりです。

暗号通貨の登場によって世の中は変わりました。一例を挙げると、国際送金の時間と費用は大きく削減され、自国通貨の破綻の時には資産を守る時にも利用されてきました。さらには、ブラックマネーのマネーロンダリングに使われたり、闇取引の送金にも使われたという闇の部分もありました。新しい技術の誕生の時には、ルールも法律もないため、このような状況が起こりうるのです。

そして現在、暗号通貨が次の段階にシフトしていく動きがあります。それを暗号通貨革命と呼びます。今までは整備されていなかったルールや法律が生まれ、秩序が生まれますが、同時に進化がさらに進みます。こうなると、この変化は誰にも止めることはできません。一度動き出したら、誰にも止められないのです。

暗号通貨をおじいちゃんおばあちゃんも(意識するかしないかは別にして)使う世の中がやってきます。

法定通貨との境界がなくなる

さて、暗号通貨革命は革命というくらいですから、大きな社会への変革を意味していなければなりません。暗号通貨は、そもそも生まれたこと自体が革命でした。それは、中央政府を介さないお金の誕生だからです。

これは昔には存在できないものであって、インターネットによって世界中が電子情報であればつながっている現在だからできることなのです。

そして中央政府を介さないうえに、そもそも通貨という名の通貨でないことが最も大きな意味を持っていました。つまり、実質的にはお金として扱い、お金と交換しているにも関わらず、お金ではなく別の存在という、ある意味特異な存在であることに意味があります。

お金として認めなければ、いったん暗号通貨の世界にお金の価値を『変換』してしまえば、ただの電子情報でしかなくなるため、政府が介入することができなくなるのです。だから、多くのブラックマネーが流れ込んだ事件が起こったのです。

そこで、日本の仮想通貨法では、暗号通貨はお金ではないが、宝石などのように価値のある『モノ』という位置に定義されます。これによって、法律や税金逃れなどに政府として介入することができるようになります。

しかし、暗号通貨はそれでもまだお金でないのです。このように価値はあるがお金ではないという存在であることには、大きな意味があります。詳しくは語りませんが(というよりも、この場では語れませんが)、この意味を正確に理解して、その理解を消化できる人だけが、今後の世界の変革に対応できる人なのではないでしょうか。

とはいえ、せっかくですから、暗号通貨の位置付けがどういう意味をあらわすのか?ということについて、ヒントをお伝えしておきましょう。

切り捨てられてきた端数のお金を集めることができる

さて、暗号通貨を『価値のあるモノ』として扱うことを考える時に、本来モノは分割することが難しい、ということがあります。例えば、宝石を二つにわって価値が二等分になるでしょうか?違いますよね。住宅用の土地を100に分けて、果たして1つずつの価値は1/100だと思いますか?道路に面しているところと、そうでないところの違い、日差しの当たり方で違いますよね。

これが、モノです。しかし、暗号通貨は、1/1000は1/1000の価値です。これができるのは、グラムで計算される金・銀やプラチナみたいなものだけです。そして、金・銀やプラチナは、元々お金として扱われてきた歴史があるわけですから、何か矛盾というか、考え方の限界を感じずにはいられません。

しかし、政府の立場としては電子情報をお金として認めることはできませんから、これが現段階では限界ということでしょうか。しかし、いずれ時期をみて法律は改正されるでしょうから、今だけの話かもしれませんが。

億万長者が量産される

さて、今後暗号通貨が一気に世間に認知されていくとして、法律の改正にはタイムラグが生じることはご存知の通りです。かつては、FXの世界ではレバレッジ100倍、1000倍というのが可能でしたが、その後禁止になりました。このように、法律は時代に合わせて変化してきますが、どうしてもタイムラグは生じてしまいます。

そして、この暗号通貨の革命においては、様々な法律の対応が予想されますが、法律が整う前に億万長者が量産されることでしょう。

この億万長者が量産される・・・というのは、有名な泉忠司さんの言葉でもありますが、ものすごく単純な理論で成り立っています。それは、今の法定通貨(いわるゆ日本円とかドルとかユーロ)を全部合わせると8100兆円になるのだそうですが、暗号通貨は全て合わせても現在2兆円です。参考までに、お金ではなく価値のある『モノ』の代表格である株式は、全て合わせて7000兆円だそうです。

そして、暗号通貨が今後、現在の2兆円から6000兆円まで3000倍にふくれあがるという予測があるからです。仮想通貨元年の2017年に10万円を暗号通貨にしておけば、3億円!になるという理論です。

さすがに10万円を用意できる人は日本中にたくさんいるでしょうから、この革命の段階で波に乗れば億万長者の量産は実現するということになります。

その6000兆円の原資ですが、投資先を探している資金が株式から暗号通貨に流れてくる、あるいは流通している法定通貨の一部が暗号通貨に取って代わる、などによって6000兆円規模になりうるというのです。

これが、暗号通貨革命で起こることの、もっとも単純かつ強力な出来事のひとつです。もちろん、革命ですから暗号通貨の世界でも血が流れるでしょう。いくつかの細々とやってきた暗号通貨は価値がゼロになって消えていくことになります。

また、今まだ存在しない大きな暗号通貨の革命児となるものが生まれる可能性を秘めている一方で、現在時価総額ランキング上位にある暗号通貨でさえその存在を脅かされる可能性は十分あるのです。変化は非常に早いため、アンテナは十分張っておくことが大事ですね。

完全複利の世界の実現

さて、折角ですので、暗号通貨革命によって資産を3000倍にするまで待たずに、大きく利益を上げたい人へこの話をお伝えしましょう。

暗号通貨の世界では、実は完全複利が可能です。まず、ご存知の通り複利というのは、利息に対してもさらに利息が付くということです。かのアルバート・アインシュタインが複利は20世紀最大の発明だ!というぐらい、資産を増やす上では効果抜群ですね。しかし、実際の世界では、毎年税金を引かれるために、複利の効果は減ってしまいます。

しかし、暗号通貨の場合は、法定通貨に交換するまでは税金を引かれません。つまり、暗号通貨の状態を保っている間は、税金を引かれることなく複利を狙えるのです。暗号通貨で投資案件に投資して複利で増やすことができれば、法定通貨ではできなかった完全複利が可能になるのです。そして、今後暗号通貨で投資して、暗号通貨で増やすという投資案件は間違いなく増えてくるでしょう。

そして、完全複利で暗号通貨を十分大きく増やしてから、法定通貨に交換して、その時に初めて税金を払えばいいのです。これが出来ると、億万長者はさらに増えることは間違いないのです。(もちろん、投資リスクや知識、時には法律的な思考が必要ですので、そこはあらかじめ理解しておいてください。)

MLMが一般化する

もうひとつ。完全複利以外にも、MLMが一般化することが考えられます。これは、MLMはお金のやりとりがあると既存の法律で処罰対象になりますが、お金でない存在の暗号通貨であれば、今のところ法律の規制は免れています。

ですので、MLMが一般化する可能性が高いです。

MLMというと毛嫌いする人が多いですが、実際にはもっと自然な形になるでしょうから、時代によってイメージは変化すると考えた方がいいでしょう。かつては離婚したら女性は表で顔を上げて歩けない・・・という時代がありましたが、今はそんなこと冗談にしか聞こえません。革命ということは、社会の考え方そのものまでも巻き込んでの変化になるということなのですから、MLMタイプの暗号通貨による投資案件がドンドン出てくるでしょうね。

そして、その波に乗って、多くの暗号通貨による億万長者が誕生することになるでしょう。

インターネットがさらに重要な位置付けになる

すでに身近な存在のインターネットですが、スマホが普及し始めたのはまだ最近です。実際、スマホでも3Gでの通信をしていた時は、おそろしくデータ通信速度が遅くて、使い物にならなかったのですから。この変化はここ4年くらいの話です。

そして、暗号通貨がより一般化してくると、インターネットの意味がさらに大きくなります。お金のやりとりにまで関わってくるということです。

仮に、あなたがお金を払う時に『ああ、いま電波状況が悪いので、お買い物できませんね』と言われたらどうします?困りますよね。ファミレスでお会計の時にレジで電波状況が悪いから無銭飲食で警察へ・・・というのは大げさかもしれませんが、慌てると思います。

暗号通貨が一般化してくるということは、インターネットはより重要な役割を担うということでもあります。そして、知っておくべきは、ユーザーの立場としてインターネットには『ウィルス』『ハッキング』『パスワード流出』などのリスクがあるということです。お財布を盗まれないように注意するのと同じように、インターネット特有の自衛策を取る必要が出てきます。

まとめ

昔々、1990年代にはユニクロを着る人はごくわずかでした。しかし、今は老若男女問わず、何らかのユニクロ製品をひとつは持っているのではないでしょうか?

おそらく同じようなことか暗号通貨の世界でも起こりそうです。もちろん、ユニクロのように一企業の話ではないので、比較対象としては無理がありますが、多くの人に広まり定着するという点においては同じと言えます。

今の暗号通貨懐疑派も、イヤでも使う日がやって来るのは間違いありません。

そう言えば、あの頃ユニクロなんて着ないと言っていた人が多かったですが、今になって『あの頃ファーストリテイリング(ユニクロの会社名)の株を買っておけば・・・』という人は少なくないのではありませんか?暗号通貨の革命というのは、そういうことですよ。

一番簡単に有望な仮想通貨に投資する方法

現在仮想通貨は種類が様々存在しており、

どの仮想通貨を買えばいいのかわからない!

となっている人も多いかと思います。

一番簡単な仮想通貨の投資としてオススメなのが取引所「コインチェック」が取り扱っている通貨を買うことです。

⇒コインチェックのサイトへ

コインチェックはこれから有望である仮想通貨のみを選定して取り扱っている日本の仮想通貨取引所です。

【コインチェック取扱通貨】

コインチェックが取扱い始めた通貨は軒並み価値が10倍以上の値上がりを記録しています。

今コインチェックが扱っている通貨の中から一つ選んで投資してみてもよいです。

また、それ以上に今後コインチェックが新しく取扱いを始める通貨要チェックです!!

これまでの通貨と同様に、コインチェックが扱った瞬間に爆上げする可能性を秘めています!

新しい通貨を取扱い始める際には、登録者にメールが来ますので、とりあえず今のうちにコインチェック登録して、情報がきたらすぐに投資できる準備をしておくことをオススメします!

>>今激アツの仮想取引所「コインチェック」<<

メルマガ


⇒ LINEグループに今すぐ参加する